無線の中継器の底力「Buffalo(WEX-733D)の設定」

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

無線APでどうしてもPCを使い方環境で電波が弱いとき、この中継器を間に挟むことによって電波が改善します。

このご家庭の無線環境でどうしてもそこにしか無線の機械を置くことができず、インターネットが遅い、若しくはつながらないなどに活躍するのが中継器です。

今回は、バッファローのWEX-733Dの力を借りました。

WEX-733D_m1

このタイプは優れもので写真で見るとわかりますが横にスイッチが付いて中継の機能をOFFにすることもできます。

あとSSIDも同一にできるので設定なしで同じIDで繋がります。

 

 

 

 

2015-05-01 19.41.44

2015-05-01 19.45.22「今回は、中間の位置につけて、接続を見てみます。設定も簡単でWPSのボタンで同期をしてあげれば問題ないです。」

 

電波も最初2本だったものが、マックスまで改善しました。これで安心ですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Wi-Fi, 中継器カテゴリーの記事

コメントを残す