便利なGOMPlayer「音でない」の回避方法

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

パソコンの中にWMP(WindowsMediaPlayer)はあるが、DVDを再生しようとしたら再生できないことってありませんか?

DVDを挿入して、AUTOでWMPが起動してエラーが出てソフトが停止するパターン。

その際に、考えられるのがWMPが対応していない動画ファイルの種類だからです。つまりWMPには再生できるファイルが決まっている

MicroSoftのサイトから抜粋。

対応できるファイル拡張子

通常言われているのが、W–から始まる。windowsファイル。またはM–から始まるものである。上記のものであればDVDの動画が再生される。ただこれ以外だとそうにもいかないです。

他のファイルにも対応できるソフトをインストールしなければいけない。そこで活躍するのがGOMplayerである。このソフトを使うだけで再生できるDVDはぐーっと増えてきます。(FLV, MP4, AVI, MOV, MPEG、VOB等・・・)

GOMplayerを以下のサイトからダウンロードし、インストールをする。

インストール後、再生しようとすると映像は流れるがエラーメッセージが出てきて音声が流れない場合がある。その場合既にパソコン内にインストールされているコーデックが競合している為に起こる。サイトから別のコーデックソフトをインストールすると回避できます。

http://www.gomplayer.jp/player/faq/view.html?intSeq=34

この現象で多いのが、ACfilterのソフトをインストールしてあげると、音声が出るようになります。

ACfilterをインストール(5.1ch)

http://www.gomplayer.jp/player/faq/view.html?intSeq=64

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Posted in DVD, windows8, 未分類 and tagged , , .

コメントを残す