起動不可からのデーター復旧

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

お客様より、pcの起動時に「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。最近のハードウェアまたはソフトウェアの更新が原因の可能性があります。」のメッセージが出てしまってwindowsが起動しないとのこと。

昨日までちゃんと動いていたのに何で?って言う場合があります。そんな時、通常はセーフモードで立ち上がれば中に入っているデーターは取れるのですがセーフモードを選らんでもブートの繰り返しのような状態でセーフモードも立ち上がらないのであれデーターを別の方法で復旧しなければなりません。

※Eドライブがマスタードライブ

今回は、そんな状況から復元させる場合ですが、ネット等でディレクトリ修復・linuxbootで立ち上げる等色々ありますが、それでもHddへアクセスできない・データーが見えてこない場合も多々あります。

hddを単体にしてサルベージしなければなりません。何とかお客様のデーターは見えて復元できました。

復元できたHDDは不良の可能性もなきにしもあらずなので別のものとHDD交換しといたほうが無難です。後は、OSをリカバリーかけてデーターをリストアするだけで完了です。

小まめにバックアップをやって最小限のリスクを抑えることも大事ですね

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Posted in OSリカバリー, サルベージ and tagged , , , , .

コメントを残す