WindowsLiveMailからoutlookへのメッセージ移行

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

WindowsLive mail含むWindows Essentials 2012が2017年1月10 日に終了してから1ヶ月が経ちます。サポート終了と同時にインストーラーをダウンロードもできなくなりました。でもデータを移行する際にEssentialsをダウンロードできないのは困りますね。

今までwindows7を使ってて新しいパソコンwin10ではoutlookの場合、アドレス帳はともかくメールメッセージが必要なこともあります。

今回は、Livemailからoutlookへの過去のメッセージの移行の方法です。

①Microsoft Exchange

以下のようにlivemailの機能のなかで電子メールのエクスポートにある、Microsoft Exchangeを使う方法です。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/980534/export-windows-live-mail-email,-contacts,-and-calendar-data-to-outlook

これにより、メッセージはoutlookへ移動できます。

 

 

 

 

②googleアカウントのサーバー同期を利用。

この方法は、windowsliveメールとoutlook2010~2016で同じgoogle(gmail)アカウントを設定します。

該当アカウントをIMAPを有効にしたで別アカウントで受信されたメッセージをgmailアカウント経由で移行させ移行先であるメーラーにてメッセージを受け取る方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

gmailフォルダ内のメールを別フォルダに移動すれば問題なくメール移行することができます。移行の際には一度便利なgmailを使ってみては。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー g-mail, データ移行, 未分類 タグ , , , .

コメントを残す